TEL 096-240-5032

訪問着とは

訪問着とは既婚の女性の礼装。結婚式のお呼ばれや七五三等のお祝い、パーティー、お茶席等広くご利用できます。柄付けは、上前・衽(おくみ)にメインの柄が配置され、後身頃まで流れるように続来ます。肩や衿にも柄が配置され、左の前袖右の後ろ袖にも。縁起物や草花、風景が描かれることが多いです。基本的には袋帯を合わせます。

訪問着レンタル

じゅらく謹製帝王紫訪問着。入卒業式にぴったりの一枚です。
¥22,000(税込)
桶絞り訪問着。豪華さの中に上品さを醸し出す若向きの一品。
¥22,000(税込)
京友禅手描き訪問着。西陣手織り袋帯を合わせています。
¥22,000(税込)
京友禅草花模様。小付けの全体柄上品かつ華やかな逸品です。
¥22,000(税込)
京友禅。上品かつ粋な一品。パーティーの席でも光ります。
¥22,000(税込)
地模様ぼかし訪問着。貴賓ある一品。つづれ帯を合わせてます。
¥22,000(税込)
朧染め絞りの訪問着。すっきりデザインで入卒業式にもお勧めです。
¥22,000(税込)
本加賀友禅訪問着。憧れの一品に、西陣小森の手織り袋帯。
¥33,000(税込)
本加賀友禅訪問着。淡いピンク地の上品な逸品。服部織物の袋帯を合わせてます。
¥33,000(税込)
本加賀友禅訪問着。濃地のお着物は重厚さが増します。
¥44,000(税込)
牛首紬訪問着。粋なお着物には個性的なリボン織手織りの袋帯を合わせています。
¥44,000(税込)

和collection美都の訪問着レンタルの特徴

創業昭和42年より呉服一筋の(有)呉服の美都が運営する着物レンタル店「和collection美都」のテーマは、おきものは貴女の引き立て役と言う考え。大きな柄の着物や豪華な着物は好みではありません。品良くスッキリしたお着物が中心、少し粋な着物も得意です。そのようなお着物は、帯や帯〆帯揚げでイメージが変わります。店主自らベストなコーディネートをご提案します。

令和時代の訪問着について

コロナの影響により結婚式等パーティーや式典、お茶会等が縮小され、和装着装の機会も減少し呉服の市場規模は増す増す縮小していくことが懸念されます。訪問着は呉服市場の中でも袋帯とともに中心的存在あり、今後は職人や作家による質の高い作品は益々高額化するのと同時に、インクジェットによる製品がよる増加していく事でしょう。 訪問着の柄行きもひと頃と比べ華やかになり、色合いも綺麗な色が好まれるようになり、インクジェット製品の得意分野になります。レンタルの需要は益々増加し、10年~20年後には、着物は借りるものという時代が当たり前になる事でしょう。